型指定構文

吉里吉里Zでは型指定されたTJSが実行可能。 型を指定してもエラーにならないだけで、スクリプトの動作は型指定しない場合と全く同じになる。エディタのインテリセンスを利用するためなどに使われる。

構文は以下の例のようになる。

変数宣言

変数名にコロンをつけ、その後に型を指定できる。

var i:int;
var win:Window = new Window();

関数定義

引数名にコロンをつけ、その後に型を指定できる。 戻り値は引数リストの後に指定できる。

function add(param1:int, param2:int) : int {
    return param1 + param2;
}

式中関数

関数定義と同様に引数と戻り値の型を指定できる。

var f = function(param1:string) : void {};

プロパティ定義

setterの引数とgetterの戻り値の型をそれぞれ指定できる。

property prop {
    setter(value:int) {}
    getter:int { return 0; }
}